(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ドラレコおすすめメーカー・人気・価格・選び方を比較!!

「あおり運転」や駐車中の当て逃げなどに「第三の目撃者として記録」するドラレコおすすめ人気メーカー・価格・選び方・口コミを比較して紹介しています。

>

ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940ナビ連携型の評判・レビュー

ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940ナビ連携型の、前後2カメラ撮影できるドライブレコーダーJVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、6月中旬に発売されました。

ナビのタッチパネルで操作し、前後2カメラの映像を高画質なフルHDで同時に録画ができ、ケンウッドHD対応“彩速ナビ”の高画質・大画面という特長を生かして、録画中の映像や再生映像を高画質なハイビジョンで表示することができます。

今回は、ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940ナビ連携型・前後2カメラの評判・レビューを紹介いたします。

 

  f:id:aorino:20190623121421j:plain

 

 ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940の特徴

f:id:aorino:20190623122202j:plain

 

ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940は、ケンウッド“彩速ナビ”のHD対応モデルで「TYPE M」シリーズの新商品「MDV-M906HDL」「MDV-M906HDW」「MDV-M906HD」と連携可能な専用モデルです。

 

 

drive-recorder.hatenablog.jp

 

 

HD対応”彩速ナビ”の高精細HDパネルに映像をハイビジョンで表示

 

  f:id:aorino:20190623180515j:plain

 

運転中にハイビジョン映像で後方を確認できるサブリアカメラ機能

カメラと録画をセパレート化したことにより、カメラの小型化に加え、前方・後方の映像録画をSDカード1枚で可能。ナビ画面や専用ビューアーソフトで録画映像を再生する際に、前後シンクロ再生が可能です。

f:id:aorino:20190623183958p:plain


さらに、リアカメラはルームミラーやバックカメラの補助用として、後方視界をナビの大画面でハイビジョンの高画質で確認することもできます。

リアウィンドウが小さい車など、ルームミラーでの後方確認が難しい場合などに、ナビ画面にリアビュー映像を表示してルームミラーの補助的な機能として使用できます。

 

HD対応“彩速ナビ”「TYPE M」シリーズと連携機能

ドライブレコーダーに録画中の映像や録画済みの再生映像を、HD対応“彩速ナビ”に搭載された高精細HDパネル(1280×720)に、高画質なハイビジョンで表示が可能です。

ケンウッドのWVGAパネル搭載モデルと比較して約2.4倍の高解像度を実現し、表示画像に大きなジャギー(段差)がなく、各映像をくっきりとシャープに確認できます。

 

前方と後方の映像をナビ画面で再生できるシンクロ再生機能

f:id:aorino:20190623183818p:plain

ナビの画面で、前後のドライブレコーダーで録画した映像を切り替えて再生できる「シンクロ再生」ができて操作もナビ側で行えます。

 

ドライブレコーダーケンウッドDRV-MN940の機能

      f:id:aorino:20190623184755p:plain

フロントカメラには映り込みを低減する偏光フィルターを内蔵するほか、逆光などの明暗差の大きなシーンでも明瞭な映像記録が可能なHDR機能」も搭載、フロント用、リア用の2カメラで常時録画、イベント記録、手動録画、駐車録画、静止画記録が可能で、前方・後方の同時録画により、万が一をサポートしてくれます。

フルハイビジョン録画を実現、走行時の映像をより鮮明に記録

      f:id:aorino:20190623184902p:plain

フルハイビジョン録画(1920×1080画素)を実現し、走行時の映像がクッキリ高精細に記録できます。

 

 >>Amazonで最安値をチェック

  >>楽天市場で最安値をチェック

>>Yahooショッピングで最安値をチェック

まとめ 

ドライブレコーダー ケンウッドDRV-MN940は、ハイビジョン映像でナビ画面に前後2カメラで映し出すので、とても高精彩な映像で確認できます。
あおり運転もしっかりくっきり確認できるので、おすすめのドライブレコーダーです。

 

 

 

drive-recorder.hatenablog.jp