ドラレコおすすめメーカー・人気・価格・選び方・口コミを比較!!

「あおり運転」や駐車中の当て逃げなどに「第三の目撃者として記録」するドラレコおすすめ人気メーカー・価格・選び方・口コミを比較して紹介しています。

ドラレコd'action(ダクション)360の価格・レビュー・評価・口コミ感想

今、話題の前後360度駐車監視してくれるカーメイト (CARMATE) ドライブレコーダーd'action (ダクション)360DC3000の価格・評価・口コミ・レビュー・感想などを
検証してみました。

 カーメイト (CARMATE) ドライブレコーダーd'action(ダクション)DC3000前後360度監視してくれるドライブレコーダーを、購入しようかと検討している方は参考にして
下さい。

 

f:id:aorino:20171129002848j:plain

 

 

 

ドライブレコーダー360度

あおり運転」駐車中の当て逃げなどに、前後360度監視してくれるドライブレコーダーの人気が高まっています。

スーパーで買い物中に駐車場で当て逃げされたり、借りてる駐車場で夜間に車上荒らしされたり、運転中以外に被害に合う可能性はあります。

こういったトラブルは、警察に届け出をしても犯人を捕まえるのがなかなか難しく、
泣き寝入りをしてしまう事が多いようです。

また「あおり運転」による嫌がらせ行為で後方から煽られたり、幅寄せされたり、信号機が赤信号に代わって止まると降りて来て、運転席のドアを蹴られたり、文句を言われたりした時の証拠になるので前方だけではなく、側面や後方も監視してくれるドライブレコーダーに人気が高まっているようです。

 

 


 

カーメイト ドライブレコーダー d'Action(ダクション ) 360度 DC3000とは

f:id:aorino:20171027114350j:plain

 

 前方だけではなく車両側方の状況も記録できるので、従来のドライブレコーダーでは
映らなかった、交差点での横からの飛び出しや、後方からの無理な追い越しなどまで
記録します。

 

f:id:aorino:20171027114433j:plain

 

f:id:aorino:20180318183807p:plain

 

全方向同時に撮影が可能

これまでのドライブレコーダーでは前方のみの事故記録しか残せなかったものが、自転車の追突など車両の側方で起こる事故まで記録を残せます。

 

ナンバープレートの見え方について

 

360度とうい広範囲の映像を記録するため、特定の アングルのみを切り出して表示すると、従来のドライブ レコーダーのフル画質よりも粗く見えます。 ナンバーすべてが
読み取れることは保証いたしかねます が、360度の状況を記録する用途でご活用いただけます。 ※上図は、カメラレンズ部から前方車両まで約3mで撮影 (設定:フルHD相当/WDR-ON)

 

詳細情報

ブランド カーメイト (CARMATE)
モデル名 DC3000
商品重量 145 g
梱包サイズ 6.4 x 6.2 x 4.2 cm
メーカー型番 DC3000
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 6.4 x 6.2 x 42 mm
解像度 2880×2880の約800万画素 or 1440×1440の200万画素
取付サイズ H42mm×W62mm×D64mm(マウント装着時)

 

1台二役

ドライブレコーダーとアクションカメラ、どちらでも使用できるドライブ
アクションレコーダー

●360°撮影で、ドライブ時には前後左右同時に撮影可能

●万が一の際は、衝撃を検知し事故状況を360°記録

■撮影した映像をスマートフォンアプリやパソコン用ソフトで見やすい映像の形式に
展開可能

セット内容

●カメラ本体、マウント、USB電源ソケット、電源ケーブル、通信ケーブル、メモリーカード×各1(microSDHC 16GB)、ケーブルクリップ×3個 ●別売の駐車監視オプション
接続で駐車中も360度監視が可能●別売のバッテリーオプションを装着し、車外へ持ち
出しての撮影も可能

スペック

●3軸Gセンサー内蔵●ステレオマイク内蔵●WDR機能搭載

●記録画素数(※1):2880×2880(4K相当:約800万画素)、1440×1440(フルHD相当:約200万画素)

●フレームレート:最大27.5fps●録画機能:常時録画、衝撃録画、手動録画、静止画撮影、駐車録画(別売オプション装着時)

 

駐車中でも衝撃を検知し自動で記録

駐車監視オプション(別売)を装着すれば、最大約16時間の間は 衝撃を検知すると
その前10秒+後30秒を記録できます。

 

駐車中のドアパンチも

駐車監視オプション(別売)を装着すれば、スーパーなどの駐車場で起こる横方向からのアクシデントも記録できます。

f:id:aorino:20171027114617j:plain

d'action 360 アプリ

スマートフォンを使ってその場で確認

カメラに無線LANを搭載しているため、撮影したデータを その場ですぐにスマート
フォンを使って再生できます。 ※データ通信料はかかりません。

f:id:aorino:20180318185750p:plainf:id:aorino:20171028105332p:plain

 

スマートフォンで、その場で確認できます。カメラ本体に無線LANを搭載している
ため、撮影した映像はスマートフォンでワイヤレスに確認が可能。メモリーカードには「オリジナル」で保存されますが、専用アプリを使って見やすいビューに切り替える
ことができます。

 

 

バッテリーをつけてアクションカメラに

バッテリーをつけてアクションカメラに ドライブ中はドライブレコーダーとして使用し、目的地到着後は バッテリーオプション(別売)を装着すると、車外へ持ち出して 撮影できるようになります。

ドライブ中はドライブレコーダーとして使用し、目的地到着後は バッテリーオプション(別売)を装着すると、車外へ持ち出して 撮影できるようになります。

 

 

 

 省エネモードとは?

駐車監視モード開始後最大約16時間経過後、またはカメラが高温になったとき、自動で省エネモードに切り替わります。

・通常時では衝撃を検知すると、前10秒間(フルHD相当撮影時)または前7秒間
(4K相当撮影時)と、後30秒間(計40秒間または37秒間)を録画します。

・省エネモード時では衝撃を検知すると、約3秒後から30秒間を録画します。
フォルダ容量が一杯になると古いデータから順に上書きされます。

 

 

 

駐車中でも衝撃を検知し自動で記録

駐車監視オプション(別売)を装着すれば、最大約16時間の間は 衝撃を検知すると
その前10秒+後30秒を記録できます。

 f:id:aorino:20171028105240p:plain

 

 

リアルタイム映像の確認や設定の変更も

カメラでリアルタイムに映している映像(※)の確認や スマホからの撮影操作、カメラ設定の変更などが 行えます。 ※:できるだけリアルタイムに表示するために、 画素数を240×240まで下げて転送・表示しています。

f:id:aorino:20180318191219p:plain f:id:aorino:20171028105838p:plain

 自宅でゆっくりパソコン再生

パソコン用ソフト(無料)で再生することもできます。 特に4K相当で撮影した動画を再生する場合、スマート フォンでは通信に時間がかかるため、 パソコンでの再生が
おすすめです。

 

f:id:aorino:20171028110031p:plain

対応するスマートフォンについて

カメラの映像確認や設定変更、撮影データの再生には対応する スマートフォンが必要
です。 ご購入前に必ず、「ダクション360」HPより動作保証環境を ご確認ください。

対応するスマートフォンはこちらです

 

f:id:aorino:20171028110910p:plain

 

新機能「ストリーミング再生」を追加

カメラ内のメモリーカードに記録された映像を、スマートフォンへ ダウンロードせずにその場ですぐに確認できるようになりました。 (カメラファームウェアver.1.1.0、スマートフォンアプリver.1.3.0) すでにご購入済の方は、「ダクション360」HPより最新のカメラ ファームウェアをダウンロードし、カメラのアップデートを行ってください。

f:id:aorino:20171028111031p:plain

新アプリ「d'Action VR」をリリース

d'Action 360で撮影した映像をVR再生できるアプリを リリースしました。 サンプル
動画も本アプリでご覧いただけます。市販の VRゴーグル等にスマートフォンをセットしお楽しみ ください。

 

よくあるお問い合わせ「映像が粗い」件について

CAMERA画面・TIMELINE画面・ストリーミング再生画面では、 CAMERAから転送
される映像の画素数を下げて表示しています。 撮影データをスマートフォンにダウン
ロードすれば、本来の記録 画素数でご覧いただけます。

 

f:id:aorino:20171028111356p:plain

 

 d'action 360 評判・評価・口コミ・レビュー・感想 

アクションカメラには標準でならない。

悪い所はオプションを買わないとアクションカメラにはならない。
動画の閲覧が専用ソフトを使わないといけない。

良い所は全方位カバーできる。
SDカード16GBが、最初から付いてくるので、届いたらすぐに使用できる。
電源ケーブルを裏から取り回してくるタイプではなく、USBで直に持ってくる
タイプなので、あまり気を使わなくてよい360度撮影出来るのが良い。

 

実際に使ってみて思ったことは画質がかなり綺麗である。
360°で撮り、臨場感たっぷりの動画も撮影できた。
手軽に撮影し、すぐ見れて、VRゴーグルでも楽しめるのはいい。

撮影して、夜みんなで見て楽しむこともできる。普段はドライブレコーダーとして
使い、遊びに出掛ける時にはそれをアクションカメラと使える。

ドライブレコーダーとアクションカメラを両方買う手間がないのと、その金額を考え
ダクション360を購入したが想像以上に使えた。

1つ難点として、gopro5セッションも持っているがそれと比べると少し重いこと。
もともとセッションが小型で軽すぎるというのもあると思う。撮影していて腕が
疲れることはなかった。

 

車載用として駐車監視用としては使えるカメラです。
駐車監視用には、オプションのDC200の常時電源が必要です。
オプションのDC100バッテリーは、アクションカメラとして使う場合や自宅やPCを
使って動画を編集する際、このバッテリーを繋げないとwifiが作動しません。
携帯から操作することが出来ないので、カメラの機能が使えません。
これらのオプションが無くても、すべての機能が使えるようにして欲しい。

 

360度撮れるドラレコというありそうでなかった一品。
側面などで起きたことも録画されるので、他のドライバーの運転を信頼できない最近に
おいては、いい値段ではありますが大きな安心材料です。

スマホやPCにダウンロードしてみると意外と高画質です。これでしたら近距離の車両のナンバーなら確認できるので事故、当て逃げなどでも安心です。つい1ヶ月前に追突された身としてはドラレコの設置が難しかった範囲も、360度録画してくれる本製品はとても優秀です。

リアルタイムビューは画質は落ちますが、遅延がないので使いやすいです。
細かいGOODポイントとしては、配線を固定位できるクリップが数個入っていること。
今まで2つ程他社のドラレコを使用しましたが、ここまで気が利いている製品ははじめてです。バッテリーオプションもあるのでアクションカメラとしても使えます。

 

駐車中の防犯装置、定期的にバージョンアップもされている。

運転席側面の窓、助手席側面の窓、リアの窓など、一般的なドライブレコーダーでは
わからない場所も録画できるので、万が一側面衝突や追突があった時も状況が確認できる。まだ事故に遭っていないが、万一の場合は、上記と前方状況や信号機の状況等も
同時に確認できそうで安心です。

スマホアプリを起動しながらのドラレコ本体設置は画角を確認できて便利。
設置後の位置や角度の調整もやり易く、アクションカムにもなって楽しい。
ドラレコとしても安心でき、画質や明るさ調整もできるので運転環境に合わせた
録画ができる。

 

以上のようにカーメイト d'action 360は口コミでも評判のいいドライブレコーダーです。360度監視してくれるのが人気の秘密かもしれませんね。

 

d'action 360 価格

 >>Amazon最安値価格はコチラ

>>楽天市場 最安値価格はコチラ

>>ヤフーショッピング最安値価格はコチラ

 

 

 カーメイト d'action 360を購入するならヤフーショッピングが最安値価格で購入できます。

 

 


  

その他のドライブレコーダー 360度メーカーも調べてみました。

>>Amazonで360度チェック

>>楽天市場で360度チェック

>>ヤフーショッピングで360度チェック

 

  

Amazonドラレコを購入してオートバックスで安く取り付けてもらう裏ワザはこちら

               ↓ ↓ ↓  ↓