LIFE LOGドラレコおすすめメーカー・人気・価格・選び方を比較!!

ドラレコおすすめメーカー・人気・価格・選び方を比較!!

「あおり運転対策に」第三の目撃者として記録するドラレコおすすめ人気メーカー・価格・選び方を比較して紹介しています。

ドラレコ選びで迷っているならコムテック「ZDR018」がおすすめです!

コムテック ZDR018は、2024年6月中旬に発売された前後2カメラドライブレコーダーです。エントリーモデルながら、前後200万画素フルHDカメラ、HDR機能、GPS搭載、駐車監視機能など、充実した機能を搭載しています。

主な特徴

  • 前後2カメラで前後を記録
    • 前後200万画素フルHDカメラで、前方と後方を同時に記録できます。
    • 広角139度のレンズで、広い範囲を捉えることができます。
  • HDR機能で白とびや黒つぶれを抑えた鮮明な映像
    • HDR機能で、明暗差が大きいシーンでも白とびや黒つぶれを抑えた鮮明な映像を記録できます。
  • GPS搭載で走行速度や位置情報を記録
    • GPSで走行速度や位置情報を記録し、映像と重ねて表示することができます。
  • 駐車監視機能で駐車中の車両も監視
    • オプションの駐車監視機能を使用すれば、エンジンオフ後も駐車中の車両を監視することができます。
  • その他
    • タイムラプス録画
    • 後続車接近お知らせ機能
    • 衝撃録画
    • 高速起動
    • 3年保証

デザイン

ZDR018は、コンパクトなボディで、車内設置もスッキリとできます。フロントカメラは、丸みを帯びたデザインで、視界の妨げになりにくくなっています。リアカメラは、小型で目立たないデザインです。

評判

ZDR018は、発売間もないため、まだ多くのレビューはありません。しかし、コムテック製のドライブレコーダーということで、画質や機能性については期待されています。

総評

ZDR018は、前後2カメラ、HDR機能、GPS搭載など、充実した機能を備えたエントリーモデルのドライブレコーダーです。価格は3万円前後と、比較的安価なのも魅力です。ドライブレコーダーの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

車の防犯に車両前後だけではなく車内撮影も出来る駐車監視対応 ドライブレコーダー 3選

第1位 コムテック ドライブレコーダー HDR362GW

コムテック HDR362GWは、360度カメラとリヤカメラを搭載した前後2カメラドライブレコーダーです。2022年11月に発売されたばかりの最新モデルで、ドライブレコーダーとしては珍しい日本製です。
 

主な特徴

  • 360度カメラ:車体周囲を丸ごと録画できるので、煽り運転や当て逃げなどの証拠を確実に記録できます。
  • リヤカメラ:後方の車両を鮮明に録画できるので、追突事故などの証拠を記録できます。
  • ナイトビジョン機能:暗所でも明るく鮮明な映像を記録できるので、夜間の事故も安心です。
  • GPS警報機能:前方にある危険な箇所に近づくと音声で警告してくれるので、事故の予防に役立ちます。
  • 駐車監視機能:エンジンオフ時も録画を継続できるので、駐車中のいたずらや当て逃げなどの証拠を記録できます。

その他

  • 液晶画面:2.4インチ
  • Gセンサー:搭載
  • マイク:搭載
  • スピーカー:搭載
  • カードスロット:microSDカードスロット
  • 本体サイズ:幅69.8mm x 高さ62.5mm x 奥行き34.5mm
  • 重量:約140g

評価

コムテック HDR362GWは、360度カメラとリヤカメラを搭載した高性能なドライブレコーダーです。ナイトビジョン機能やGPS警報機能など、便利な機能も充実しています。価格は高めですが、安全運転を重視するドライバーにはおすすめです。

口コミ

  • 360度カメラで車体周囲を丸ごと録画できるので、安心感がある。
  • リヤカメラの映像も鮮明で、後方の車両の動きをしっかりと把握できる。
  • 夜間でも明るく鮮明な映像を記録できるので、夜間のドライブも安心。
  • GPS警報機能が便利で、前方にある危険な箇所に近づくと音声で警告してくれる。
  • 駐車監視機能が便利で、駐車中のいたずらや当て逃げなどの証拠を記録できる。

まとめ

コムテック HDR362GWは、360度カメラとリヤカメラを搭載した高性能なドライブレコーダーです。安全運転を重視するドライバーにおすすめです。

 

第2位  ユピテル ドライブレコーダー Marumie Y-3100

ユピテル Marumie Y-3100は、前後左右車内の全方向を記録できる3カメラドライブレコーダーです。2022年用品大賞を受賞した前モデルY-2000から、駐車監視機能が進化しています。

 

 

ユピテル Marumie Y-3100は、前後左右車内の全方向を記録できる3カメラドライブレコーダーです。2022年用品大賞を受賞した前モデルY-2000から、駐車監視機能が進化しています。

主な特徴

  • 全方向高画質記録
    • フロントカメラ:200万画素フルHD、162°広角
    • リアカメラ:200万画素フルHD、152°広角
    • 車内カメラ:200万画素フルHD、162°広角
  • 高感度センサーSTARVIS搭載
    • 暗い場所でも鮮明な映像記録が可能
  • 駐車監視機能
    • エンジンオフ後も駐車中の車両を監視
    • 衝撃や動体を検知すると自動で録画
    • 駐車録画の電源は本体内蔵バッテリーを使用
    • オプションでマイクロ波センサーを追加することで、バッテリー負荷を低減
  • 後方異常接近 記録・警告
    • 後方から接近する車両を検知し、警告音で知らせる
    • 衝突の危険性が高いと判断した場合、自動で録画
  • 安全運転サポート
  • SDカードフォーマット不要
    • 録画したファイルをパソコンで再生する前に、SDカードをフォーマットする必要がない

ユピテル Marumie Y-3100のメリット

  • 前後左右車内の全方向を記録できるので、ドライブ中のあらゆる状況を記録できる
  • 高感度センサーSTARVIS搭載で、暗い場所でも鮮明な映像記録が可能
  • 駐車監視機能が進化し、駐車中の車両をより安心安全に監視できる
  • 後方異常接近 記録・警告機能で、後方からの衝突を回避できる
  • 安全運転サポート機能で、安全運転を意識した運転ができる
  • SDカードフォーマット不要で、手間がかからない

ユピテル Marumie Y-3100のデメリット

  • 価格が高い
  • カメラが多いので、取り付け位置に制限がある
  • 駐車監視機能を使用するには、オプションのマイクロ波センサーが必要

総評

ユピテル Marumie Y-3100は、前後左右車内の全方向を記録できる高性能な3カメラドライブレコーダーです。価格は高いですが、安全運転を重視するドライバーにおすすめです。

 

第3位 カーメイト ダクション 360D DC3600R

カーメイト ダクション 360D DC3600Rは、360度カメラとリヤカメラで前後左右車内の全方向を記録できるドライブレコーダーです。

 

主な特徴

  • 360度+リヤカメラで全方向記録
    • 360度カメラ:約90万画素 960×960
    • リヤカメラ:約200万画素 FHD 1920×1080
  • バーチャルフロントカメラ
    • 360度カメラの映像を加工して、前方車のナンバープレートを鮮明に記録
  • 高感度センサーSTARVIS搭載
    • 暗い場所でも鮮明な映像記録が可能
  • 駐車監視機能
    • エンジンオフ後も駐車中の車両を監視
    • 衝撃や動体を検知すると自動で録画
  • GPS搭載
    • 記録映像に日時と場所を情報として記録
  • Gセンサー搭載
    • 衝撃を検知すると自動で録画
  • 音声記録
    • 車内での会話などを記録
  • ドラテク分析
  • 2.4インチ液晶画面搭載
    • 記録映像を再生
  • オプションで駐車録画電源を確保
    • 別売りの駐車監視オプション(DC204)が必要

カーメイト ダクション 360D DC3600Rのメリット

  • 360度カメラとリヤカメラで、前後左右車内の全方向を記録できる
  • バーチャルフロントカメラで、前方車のナンバープレートを鮮明に記録できる
  • 高感度センサーSTARVIS搭載で、暗い場所でも鮮明な映像記録が可能
  • 駐車監視機能で、駐車中の車両を安心安全に監視できる
  • GPS搭載で、記録映像に日時と場所を情報として記録できる
  • Gセンサー搭載で、衝撃を検知すると自動で録画
  • 音声記録で、車内での会話などを記録できる
  • ドラテク分析で、安全運転を意識した運転ができる

カーメイト ダクション 360D DC3600Rのデメリット

  • 価格が高い
  • カメラが多いので、取り付け位置に制限がある
  • 駐車監視機能を使用するには、オプションの駐車監視オプション(DC204)が必要

総評

カーメイト ダクション 360D DC3600Rは、360度カメラとリヤカメラで前後左右車内の全方向を記録できる高性能なドライブレコーダーです。価格は高いですが、安全運転を重視するドライバーにおすすめです。

 

 

あおり運転対策にドライブレコーダー ZDR018 前後 200万画素カメラ 

コムテック ZDR018は、2024年6月14日に発売された前後200万画素カメラ搭載のドライブレコーダーです。あおり運転対策として有効なだけでなく、7つの安全運転支援機能も搭載し、安全運転をサポートします。

コムテック ZDR018

特長

  • 前後200万画素カメラ

    • 前後200万画素の高画質カメラで、ナンバープレートや相手の車両の特徴などを鮮明に記録できます。

      ●後続車接近お知らせ機能

      • 後方から接近する車両を検知し、アラームで知らせる機能です。あおり運転の抑止効果が期待できます。

 

先行車接近お知らせ機能・先行車発進お知らせ機能

  • 前方の車両への接近や発進を検知し、アラームで知らせる機能です。追突事故の防止に役立ちます。
  • 前方信号機お知らせ機能

    • 前方の信号機が青信号であることを検知し、通知する機能です。信号無視による事故の防止に役立ちます。
  • ライブサポート機能

    • 急加速、急ブレーキ、急ハンドルを検知し、アラームで知らせる機能です。安全運転を促します。
  • 車速アラーム機能

    • 設定車速を超えた場合に、アラームで知らせる機能です。速度超過による事故の防止に役立ちます。
  • 駐車監視機能(オプション)

    • エンジンオフ後も駐車中の車両を監視し、衝撃を検知すると録画を開始する機能です。駐車中の当て逃げやいたずら防止に役立ちます。

基本仕様

  • カメラ:フロント/リアともに200万画素
  • レンズ:フロント/リアともに116度
  • 記録解像度:フロント/リアともに1920x1080p
  • フレームレート:フロント/リアともに30fps
  • 記録形式:MP4
  • メモリ:microSDカード(別売)
  • ディスプレイ:2.0インチフルカラーTFT液晶
  • 本体サイズ:約67(W)×49.3(H)×30.9(D)mm
  • リアカメラサイズ:約39(W)×29(H)×28.2(D)mm
  • 重量:本体 約108.9g、リアカメラ 約28.8g
  • 価格:18,620円(税込)

ZDR018は、あおり運転対策だけでなく、安全運転をサポートする様々な機能を搭載した、頼れるドライブレコーダーです。

 

 

ユピテル ドライブレコーダー marumie Y3000は3つのカメラで家族を守る!

ユピテル ドライブレコーダー marumie Y3000は、前後2カメラ同時録画可能な高画質ドラレコです。

主な特徴は以下の通りです。

  • 前後2カメラで360度録画可能
  • 高画質2K録画でナンバープレートも鮮明に記録
  • 夜間も明るく鮮明に記録できるナイトビジョン機能搭載
  • Gセンサー搭載で衝撃を感知すると自動録画
  • GPS搭載で走行記録を記録
  • Wi-Fi接続でスマホで映像を確認できる
  • ループ録画機能で古い映像を自動的に上書き

ユピテル ドライブレコーダー marumie Y3000は、前後2カメラで360度録画可能で、高画質2K録画でナンバープレートも鮮明に記録できるため、ドライブ中の安心感が高まります。

また、夜間も明るく鮮明に記録できるナイトビジョン機能や、Gセンサー搭載で衝撃を感知すると自動録画など、安全運転をサポートする機能も充実しています。

さらに、Wi-Fi接続でスマホで映像を確認できるため、ドライブ中の映像をすぐに確認することができます。

ユピテル ドライブレコーダー marumie Y3000は、安全運転をしたい方におすすめのドラレコです。

 

ドライブレコーダー 2024年5月30日 現在 売れている ランキング ベスト5

第1位

ドライブレコーダー コムテック ZDR035

 

ドライブレコーダー コムテック ZDR035は、前後2カメラ搭載の前後2カメラドライブレコーダーです。2021年4月に発売された比較的新しいモデルであり、夜間の映像の鮮明さと画角の広さにこだわって作られています。

主な特徴

  • 前後200万画素STARVIS搭載の高画質録画
    • STARVIS搭載により、夜間でも明るく鮮明な映像を記録できます。
    • フロントカメラは140度、リアカメラは108度と、広い画角で前方・後方を捉えます。
  • 駐車監視機能
    • エンジンオフ時も駐車中の車両を監視できます。
    • 衝撃を検知すると、自動的に録画を開始します。
  • GPS搭載
    • 走行速度や位置情報を記録できます。
    • Googleマップと連携して、走行軌跡を再生できます。
  • その他

口コミ

コムテック ZDR035は、全体的に高評価な口コミが多いです。特に、以下の点が評価されています。

  • 夜間の映像が綺麗
    • STARVIS搭載により、夜間でも明るく鮮明な映像を記録できます。
    • ナンバープレートも比較的読みやすいです。
  • 画角が広い
    • フロントカメラは140度、リアカメラは108度と、広い画角で前方・後方を捉えます。
    • 死角が少なく、安心です。
  • 駐車監視機能が便利
    • エンジンオフ時も駐車中の車両を監視できます。
    • いたずらや盗難から車を守ることができます。

一方、以下のようなデメリットも指摘されています。

  • 本体が大きい
    • 他のドライブレコーダーと比べて、本体が大きいです。
    • 設置場所によっては、視界を遮る可能性があります。

まとめ

コムテック ZDR035は、夜間の映像が綺麗で画角が広いのが特徴の前後2カメラドライブレコーダーです。駐車監視機能やGPS機能も搭載しており、機能性も充実しています。本体が大きいといったデメリットもありますが、総合的に見て高評価なドライブレコーダーと言えます。

 

第2位

第3位

ドライブレコーダー コムテック ZDR017

コムテック ZDR017は、2022年6月に発売された前後2カメラドライブレコーダーです。前後とも200万画素のフルHD高画質で、夜間やトンネルなどの悪環境下でも鮮明な映像を記録できます。HDR(ハイダイナミックレンジ)とWDR(ワイドダイナミックレンジ)を搭載し、白飛びや黒つぶれを抑えたクリアな映像を実現しています。

また、GPS搭載で走行速度や位置情報を記録できるほか、駐車監視機能、後続車接近お知らせ機能、高速起動機能など、充実した機能を搭載しています。

主な特徴

  • 前後200万画素フルHD高画質
  • HDR・WDR搭載
  • GPS搭載
  • 駐車監視機能
  • 後続車接近お知らせ機能
  • 高速起動機能
  • 3年保証

口コミ・評判

コムテック ZDR017は、画質や機能性、使いやすさなど、全体的に高評価を得ています。特に、夜間の映像がきれい、駐車監視機能が便利、後続車接近お知らせ機能が安心などの声が目立ちます。

総評

コムテック ZDR017は、画質や機能性、使いやすさを備えた高性能な前後2カメラドライブレコーダーです。夜間やトンネルなどの悪環境下でも鮮明な映像を記録したい人、駐車監視機能や後続車接近お知らせ機能が欲しい人におすすめです。

 

 

第4位

 

 

概要

JVCケンウッド DRV-350-Bは、高画質と安定した録画で人気のある1カメラドライブレコーダーです。ソニー製STARVIS CMOSセンサーとF1.8レンズを搭載し、昼夜問わず鮮明な映像を記録できます。また、HDR機能により、逆光や明暗差の大きいシーンでも白飛びや黒つぶれを抑えた自然な映像を記録できます。

主な特徴

メリット

  • 高画質で安定した録画
  • 逆光にも強いHDR機能
  • 広い視野角
  • 駐車監視機能
  • 操作が簡単

デメリット

 

第5位

ドライブレコーダー コムテック HDR002

 

コムテック HDR002は、200万画素のフルHD高画質でナンバーまで記録できる、日本製のドライブレコーダーです。HDR機能搭載で白とびを抑え、夜間でもキレイに記録できます。駐車監視機能もオプションで搭載できます。

  • 200万画素フルHD高画質
  • HDR機能搭載
  • 駐車監視機能(オプション)
  • 地デジやナビへの影響を抑えたノイズ対策済
  • 全国のLED信号機対応
  • SDカードメンテナンスフリー
  • GPS搭載

仕様

  • 撮像素子:1/2.8インチ CMOSセンサー
  • 素数:有効200万画素
  • 最大録画解像度:1920x1080p
  • フレームレート:30fps
  • 視野角:112度
  • レンズ:F2.0
  • 記録形式:MOV
  • メディア:microSDカード(最大128GB)
  • GPS:搭載
  • 本体サイズ:約62.5x54x27.5mm
  • 重量:約85g

 

ドラレコ 2023/7/27日現在 売れている ランキングTOP10

2023年7月27日現在、売れているドライブレコーダーのランキングTOP10は以下のとおりです。

これらのドライブレコーダーは、いずれも高画質で、事故の際に役立つ機能が搭載されています。また、価格も比較的手頃なものが多いため、ドライブレコーダーを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

続きを読む

業界初!ドラレコとセーフティレーダーの一体型モデル「RD-40/RD-60」グランプリを受賞‼

セルスター工業株式会社のドライブレコーダー「RD-40/RD-60」が、第36回日刊自動車新聞「用品大賞 2023」においてグランプリを受賞しました‼

続きを読む

あおり運転厳罰化3年! 現状と予防策はドラレコの設置‼

2017年6月に発生した東名高速道路夫婦死亡事故をきっかけに、2019年6月に道路交通法が改正され、あおり運転が厳罰化されました。

改正前は、あおり運転は最高で懲役1年以下の罰金または10万円以下の罰金でしたが、改正後は、最高で懲役5年以下の罰金または100万円以下の罰金となりました。

しかし、あおり運転の被害は依然として多く、2022年には全国で約1万件の相談が寄せられました。神奈川県でも、2022年に6件のあおり運転が摘発されています。

あおり運転の厳罰化後も、なぜあおり運転が減らないのでしょうか?

 

 

続きを読む

あおり運転厳罰化3年! 現状と予防策はドラレコの設置‼

2017年6月に発生した東名高速道路夫婦死亡事故をきっかけに、2019年6月に道路交通法が改正され、あおり運転が厳罰化されました。

改正前は、あおり運転は最高で懲役1年以下の罰金または10万円以下の罰金でしたが、改正後は、最高で懲役5年以下の罰金または100万円以下の罰金となりました。

しかし、あおり運転の被害は依然として多く、2022年には全国で約1万件の相談が寄せられました。神奈川県でも、2022年に6件のあおり運転が摘発されています。

あおり運転の厳罰化後も、なぜあおり運転が減らないのでしょうか?

 

 

続きを読む

ドラレコが捉えた衝撃映像‼死ぬかと思った前方から逆走車⁉

ドライブレコーダーが捉えた衝撃映像‼死ぬかと思った!高速道路を走っていたら前方から迫ってくる逆走軽トラック⁉

2022年11月21日午後4時半ごろ長野県辰野町の中央道下り線で、70代の男性が運転する軽トラックが中央道を逆走!避けようとした車同士の事故が3件起きました。

続きを読む